更新履歴 【訂正】 このサイトについて in English

2020/8/21(金) 更新










ATOSの全体像や開発の背景を踏まえ、ATOSが持つ各機能を見ていく。(2005年現在)



東京100km圏をカバーする「東京圏輸送管理システム(ATOS)」は、鉄道の運行をコンピューターで制御するための大規模な専用通信網。人手を介していた電信・電話での連絡を廃し、稠密線区の自動化や、多線区にまたがる運行に貢献している。(2014年8月現在)

導入済み線区 略図

ATOS導入の流れ
信号機とポイントを制御する「連動装置」の更新から中央装置(ホスト)の稼働まで。鉄道システムならではの工程を、導入済み線区を例に紹介する。

ATOS導入の経過
1977年から現在に至る一連の流れを年表や一覧表にまとめた。(2005年現在)

トピックス NEW!
PCゲーム「A列車で行こう9」を題材に列車の運行制御と情報システムの関わりを学びます。(2019年度〜)

特集「True Color」 NEW!

特集「A9R:データで遊ぶA列車」 NEW!

特集「オートメーションと鉄道」 NEW!

駅の風景 (245)
電光掲示板 (395)












ドメイン別
(フォーラム)
NEW!

お問い合わせ リンクについて 個人情報保護方針(Google Analyticsについて)







 




neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.