2007/5/10(木) 更新

身近なATOS

広がるATOS

ATOSの話題

リファレンス

写真データベース

サイト内検索
 





→ このサイトについて

 ATOS, The Futureをご覧いただき、ありがとうございます。このサイトをより有意義にご活用いただくために、また、不必要な誤解をいただかないために、いくつかの事項をご説明します。

このサイトの基本的なスタンス

 このサイトの各ページは、「日常的にJR東日本を利用している一個人」である私=ウェブマスター「tht」(ハンドルネーム)が「JR東日本のATOS導入を見守る」というスタンスで記述しています。

 ATOSの導入が進むことには、メリットもあればデメリットもあるはずです。完全な中立・客観視は不可能ですが、異なる意見を持つ多くの方に気持ちよくご覧いただけるよう、なるべく中立的な表現を心がけています。(私個人の意見はFORUM×ATOSおよびブログで表明しています。)

 なお、私はATOSに対して、技術的、社会的な面から関心を持っていますが、ページのテーマや執筆時期によっては、一面的な記述になっている部分もあります。

このサイトが想定する読者層

 ATOSというシステムそのものを読み解く中では、情報技術の発達と普及を実感することができるでしょう。またATOSは単なる情報システムではなく、鉄道の制御システムです。鉄道関連の技術と情報分野の融合といった、より大きなテーマにも直面します。

 また、ATOSの導入により自動旅客案内が高度化しています。多くの駅で文字と音声によるリアルタイムの案内が実現したことは、バリアフリーという視点からも注目されるものです。

 メインの鉄道運行においては、これまで何十年も大前提とされてきた「定刻発車」の概念を覆す要素があります。社会全体のリズムが変わる可能性すら秘めており、鉄道と産業、鉄道と都市の関係などを考察する上では見逃せません。

 いずれも、じっくりと腰を据えて眺めてみたいテーマばかりです。まだ言及できていない部分が多々ありますが、少しずつ取り組んでいきたいと思っています。

 このようなテーマを扱うため、このサイトでは主に「情報技術分野に関心をお持ちの方で高校生以上の方」を対象にしています。そうでない方には少し「とっつきにくい」と思われるかも知れませんが、雰囲気だけでも感じ取ってもらえれば嬉しいです。

「水先案内人」として

 ATOSのような「新しいもの」については、立場や経験によって捉え方が異なっていても不思議ではありません。たとえ自社のシステムであっても、自分の職場にある端末の使い方を教わっただけでは、システムの全体像やコンセプトを理解することは容易ではありません。

 理解したところで自分の業務に役立つわけでもないため、とかく「新しいものは『やっかいもの』」という印象ばかりが先行することになります。そのような時にシステムがトラブルを起こしたら…新しいシステムは「使い物にならない」と誤解され、無用な反発を生んだり、開発者がせっかく考えた便利な機能が活用されなかったり…という事態に陥っていくのです。

 私自身は、鉄道業界とはまったく縁がありません。現場に身を置かれる方々が体感しているものと、私のような部外者が資料越しにイメージするものとの間には、相当の乖離があるはずです。ただ、その距離感ゆえに時として関係者が気づかないものに気づくということがあるかも知れません。

 「新しいもの」ほど「不完全」です。より洗練されたものへと進化していく間には、常に多面的な検証が必要になってきます。これは、開発企業やユーザー企業だけで完結するものではないはずです。いろいろな立場にいる人の、それぞれの視点から、それぞれの言葉で語られることの中にこそ、本当に解決しなければならない課題が隠れているのではないでしょうか。

 そのような「多様な視点」を確保するためには、関係者のみならず、より多くの一般の人が関心を持つことが重要でしょう。ATOSを始めとする鉄道関連の最新技術が一般に広く認知され、今より多くの人たちが鉄道のことを深く考えるようになる…そのための「水先案内人」的な役割をこのサイトが果たせれば、開設した者としてこの上ありません。


このサイトをご覧いただく際のご注意

・内容の正確性について

 このサイトの各ページを記述するにあたり、なるべくオフィシャルな資料を参考にするよう心がけていますが、私自身の知識不足や理解不足により、内容の正確さには自ずから限度があります。

 特に大学の卒業論文等での引用には耐えられるものではありませんので、下調べ時のガイドとしてのご利用に留めていただくことをおすすめします。

 記述の漏れや誤りにお気づきの際は、メールでご一報いただければ幸いです。

・お問い合わせについて

 このサイトは、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)や株式会社日立製作所、その他の各法人とは関係のない個人が運営しています。このサイトの内容は何ら公的なものではありません。

 ATOSの導入や各駅における変化は「イベント」ではありません。ATOSに注目するということは、基本的に学術的または趣味的な性格を帯びています。技術誌や業界紙、学術論文、鉄道関連の雑誌、一般の新聞・雑誌等に目を通すことで情報収集をしましょう。(間違っても駅の窓口でATOSについて質問してはいけません。恥をかくだけです。)

・ご利用について

 このサイトに含まれるテキスト、図表、写真、動画、音声の無断転載・複製・改変はお断りします。(写真については今後、インターネット上でのオープン利用が可能なシステムを製作する予定がありますので、しばらくお待ちください。)

 ただし、インターネット上の個人サイトであることを明示した上で、加工をせずプリントアウトやスクリーン投影を行なうことは、目的を問わず許可します。事前・事後のご連絡も不要です。


その他のご案内

・サイト名の由来

 ATOS、それは「未来」そのもの─新しいシステムが実現する「未来」に思いを馳せ、現在を「未来へのステップ」として冷静に見つめたい。そのような気持ちを込めてサイト名をつけました。1999年8月より使用しています。

 「Here, The Future」は、株式会社日立製作所の登録商標です。

・関連ブログ

 旅客案内に限らない鉄道の話題、ATOSに限らない情報システムやITの話題は、ブログで扱っています。また、FORUM×ATOSに使用している技術についても解説しています。ご興味をお持ちの方は、ぜひご一読ください。

・お楽しみ系コンテンツ(?)

 このサイトには、「楽しい情報」「役に立つ情報」「便利な情報」という類のものは一切ありません。サイトのコンセプトを鋭敏化していった結果、こうなりました。個人サイトらしくないかも知れませんが、どうぞご了承ください。

 「発車ベルスイッチ」「"駅" 時計」など、Windows向けフリーソフトがダウンロードできるサイト「tht-software」は、このサイトとは分離して開設しています。エンターテイメント要素をお求めの方は、こちらへお回りください。




1999/12/27(月)からの延べ閲覧数